Hatena::Groupliquor

北極の葡萄園(引っ越しました) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-10-03

【1257】Etienne Sauzet Puligny-Montrachet Champ Gain 2009

 

正規品2007年バックヴィンテージ入荷エチエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ...

 ※リンク先はヴィンテージがたぶん異なっています。

 

 まず見た目。これは意外なほど普通の白ワインしていて、ブルゴーニュの一級白としてはかなり薄い。まあ、熟成時間がとれていないせいもあるのかも。ただ、初手から香りは素晴らしくて、蜂蜜の香りからクッキーの成分と桃の缶詰みたいな成分が枝分かれしているような。爽やか系というよりコッテリ系。

 

 口に入れてみると、とにかく豊満で蜂蜜漬けみたいなアタック!すげぇリッチだ!ところが後味は酸味がキュー!っと効いて切れ味すら感じられる。ただ甘くて濃いだけの白ワインとはぜんぜん挙動が違う。みようによってはカレラのシャルドネにも似ているけれど、蜂蜜の濃度のピークと酸味の切れ味の点ではこっちがやはり上のような。それでもって、蜂蜜の甘さと堅さ(そう、蜂蜜がナヨっていなくて堅いのだ)&酸味の清々しさが初手からガチャガチャしていないのはご立派。高価なシャルドネはもうあまり買わないと思っていたけれども、これ飲んじゃうと考えてしまうなー。

 

 1時間も経つと、異様な精気が盛り上がってきて、困っちゃうぐらい元気の出るワインへ。鉱質が非常にしっかりしていて、やっぱり蜂蜜に「堅さ」が伴っているのがとにかく嬉しい。ここまで魅惑的なシャルドネはともかく、堅くて魅惑的なシャルドネはあまり無い。シャン・ガン、いい畑じゃないでしょうか。どうにも美味い、飽きない、ダレない。素晴らしいバランスファイター、若飲みだけど満足度は高かった。

 

 ※二日目。蜂蜜に「堅さ」が伴っているさまは微動だにしない。ちょっと酸味が強く感じられるようになったかも、でも殆ど変わらぬ美味さだった。

 

2015-09-25

【1253】蒼龍ワイン甲州 紙コップ白ワイン (N.V.)

 

[山梨県] 蒼龍ワイン甲州 180ml 紙コップ白ワイン(辛口)

 

 急遽、東京出張が発生して、帰りに飲んだのがこいつ。紙パックワインで、デザインは日本酒みたいなんだけど、「甲州」とある。甲州はあまり飲んだことがないので、とりあえずやってみようと思い、サンドイッチと一緒に選択。

 

 まず、色。まあまあ普通~やや薄い白ワイン色をしている。香りは紙パックなのであまりよくわからないけれども、日本産白ワインのダメなところというか、なんだか日本酒に近いような風味がちょっとだけ感じられる。あるいは酢酸の香りというか。

 

 で、飲んでみると、あっさりとした細身のワインで、ほんのちょっとだけ日本系酵母っぽいフレーバーがあるけれども許容範囲。あと、微妙な甘み――ミュスカデに近い?――があって、いやいやナイヤガラに似ているような気がすることも。想像していたものと大きく違わないけれども、そんなにひどいものでもなく。価格を考えるなら、よく見かける缶ワインにかわる電車の旅のお供として悪くないのかな、と思った。

 

2015-09-15

【1249】Meson Joseph Drouhin "Laforet" Bourgogne Chardonnay 2013

 

ブルゴーニュAOC・シャルドネ・ブルゴーニュ・フランスワイン

 

 このワインはブルゴーニュ大手で昔からお世話になっているジョセフ・ドルーアンのブルゴーニュ平格白ワイン。高騰し続けるブルゴーニュ平格のなかで、こいつはえらく安いので、きっと新しく開墾した畑の若い木かなにかのやつなのかな?と思いつつも抜栓してみた。

 

 まず見た目。ごく普通の白ワインっぽい色合いで、可も無く不可も無く。香りは……ほんのり蜂蜜っぽい香りが漂うけれども、米糠系の香りも幾らか。ただ、全体としてはあまり強く主張してくる感じじゃない。シャルドネはシャルドネでも、どっちかというと値段が安めのシャブリみたいな、酸っぱそうな気配も漂っている。。

 

 口に運んでみると、香りに見合った、酸味のしっかりしたワイン。擬態語にすると「キュ~!」という言葉がぴったりの、シャープな酸味だけど、夏蜜柑ぐらいの甘みと苦みを伴っていて痩せぎすという風でもない。シャブリと同じかはわからないし、これがブルゴーニュ平格白らしいかと言われたらわからないけれど、爽やかさに重点を置いたシャルドネとしてはなんら不満の無いものではある。ちょっと一本調子で、飲み進めると「薄いかな?」と感じられるけれども、価格帯が安いのだから、まあ仕方ないのかも。

 

 ※二日目も米糠系のフレーバーからスタートし、やはりシャブリに似ている。蜂蜜クッキー系の香りはぜんぜん感じられないけれども、そのことも含めて割り切りの良いワインではある。ああそうだ、[その他ブルゴーニュ]タグのなかではマコンにも似ているっちゃ似ているのか。疲れが癒やされるような。

 

2015-09-09

【1246】Wagner Stempel Riesling Trocken 2012

 

ヴァグナー・ステンプル・リースリング・トロッケン 2012

 

 まず見た目。これは普通の白ワインの色。でも香りはぜんぜん違う。すごく澄んだ、「甘いフレーバーを帯びた石灰岩の塊」みたいなやつ。蜜と植物エキスな香りも凄いけど、とにかくこいつは石灰岩している。

 

 で、口に入れると、まず蜂蜜みたいな甘い香りが広がり、その後にキューッともの凄くきつい酸味がやってきた。その酸味と不可分なかたちで石灰岩っぽい石のフレーバーが長く長く続く。これ、ブラインドでシャブリ系と区別できる自信がぜんぜん無い。で、石っぽい香りを貫通して、時折もの凄い植物エキスがぶわーっと顔を覗かせることがあって、かなり頑張っている。

 

 同価格のドイツ産のリースリングと比較して、これは主張もメリハリもしっかりしていて、ちゃんと旨くもあって、良い品だと思った。明日はどうなるだろう?

 

 ※二日目は、ちょっと酸味と植物エキスの整合性みたいなのが甘くなった気がする。初日のほうが良かった。

2015-09-05

【1244】E.Guigal Cotes du Rhone Blanc 2012

 

E.ギガル コート デュ ローヌ  ブラン[2013]

 ※リンク先はヴィンテージが異なります

 

 だんだん秋の気配が感じられる今日このごろ、白ワインを減らしたいと思って優先的に消費してまいりましょう。でもって、最近ローヌの赤ワインが値段の割においしい気がしていたので、今回はローヌの白ワインを。これは、久しぶりに再戦なギガルのベーシック品。ちなみに夕食はマグロソテー中心。

 

 まず見た目。ちょっと黄金色っぽさor麦わら色っぽさのある白ワイン。香りは、いつもの植物系とはちょっと違うタイプの、樟脳か菖蒲みたいな香りがして、それに加えて甘い香りが漂っている。

 

 口に入れると、香りのキツさに比べるとあっさりとした第一印象。呑み心地はすごく瑞々しくて、張りがあって、ヴィオニエ系っぽい。でもって、植物っぽいエキスもドッカンとやって来る。で、暫しお付き合いしていると、ニラやニンニクの芽のような凄まじい香りが漂ってきてびっくり。エレガントではないけれども力が籠もっている。好みではないけれど、あれこれ考えさせられるワインだった。

 

 ※翌日はもう少しニスやシンナーを連想させる強い香りに寄ってきて、これもエレガントではないけれども面白くはある。毎日呑みたくはないけれども、印象に残る体験だった。