Hatena::Groupliquor

北極の葡萄園(引っ越しました) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-07-03

Jean Becker Marc d'Alsace Gewurztraminer

 

f:id:p_shirokuma:20110629191126j:image

 

 マールを「珍品リキュール」タグに入れるのは本当は違うのだろうけど、出自のはっきりしたマールで、なおかつ日本国内にはあまりなさそうなので、ここのタグで取り扱うことにした。

 

 匂いは、マール/グラッパ系としては、意外なまろやかさ。苦い植物をすりつぶしたような&ニスのような&葡萄のような。口に入れてみると、苦さと粉っぽさがしっくり。味の面でも、思ったよりは円やか。寝る前に、リキュールグラス一杯分程度いただくには良さそう。

 

2010-10-05

Liquore di Mandorle - Sicilsapori di Sicilsapori

 

http://www.itipicisiciliani.com/product/64/Mandorl%C3%A8-Liquore-di-mandorle-Sicilsapori.asp

 

 シチリアサポーリというメーカーで創られたアーモンドリキュール。創られた住所をみる限り、パレルモでつくられていると推定される。シチリアのお土産もの。

 

 蓋を開けると、甘くて粘性の非常に高い、よくできた甘酒を連想させる白っぽいリキュールがドロっと出てきた。なんとも甘くてアーモンドな匂い、そして口に入れるとちょっと舌触りのザラっとしたところのある、これまた甘酒級の甘さ。甘さの種類は、ココナッツとあんこの中間とでも言えばいいのか、甘みは強いけれども、どこか和菓子を連想させるものがある。あと、油脂っぽさが少しばかり。

 

 滅茶苦茶旨いとはいえないけれども、楽しく特徴的なリキュールだった。

2010-04-03

Fontanafredda Grappa di Moscato Moncucco

 

フォンタナフレッダ モスカート モンクッコ グラッパ

 

 これは、厳密には日本国内でもオーダーできなくもない品ながら、ちょっと面白かった&銘柄が明確なので、久しぶりに珍品リキュールとして掲載。

 

 食後の一杯はグラッパということで。透明な液体、僅かに葡萄を連想させる甘くて神妙で飴っぽい香りに、揮発性が伴う。味はしっかりとしていて、軽いほろ苦さと甘み、そして口のなかでも香りがいいあんばいで上がってくる。グラッパらしいグラッパだった。美味い。

 

 ところが、インターネットで検索すると、今回の透明なグラッパが引っかからない。必ず“琥珀色”の同じ銘柄が引っかかる。ボトルのデザインは全く同じなだけに、どうなんだろう、という気がする。ただし、値段の相場からすれば、たぶんこの透明グラッパはリンク先の琥珀色のグラッパよりも“安物”なんじゃないかと思う。けれども、それがどうした、充分グラッパらしいグラッパを味わうことが出来たと思う。

 

2009-04-10

FICO D'INDIA Liquore di panna

| 22:23

 FICO D'INDIA Liquore di panna

 http://www.twenga.it/dir-Gastronomia,Aperitivi-Liquori,Liquore-014654

 一応、上のURLのなかに、六本で16ユーロの小瓶セットのなかに姿をみることが出来る。ググってもあまり引っかからない。レア度はかなり高そうだ。

 

 リキュールをここに載せるべきかかなり迷ったが、記録しておかないと忘れるような気がしたので、今後は番外として珍品リキュールも書き残していくことにした。珍品度としては、「日本国内では滅多に見かけない」ぐらいで*1

 

 今回のものは南イタリア土産として頂いた幾つかのリキュール群のひとつ、ウチワサボテンの果実でつくられたという一品。100mlの小さなボトルで、アルベロベッロの建物を思わせる形。その辺りで購入したんだろうか?色はフルーツ牛乳のような、オレンジ色の乳白色。粘性は物凄く高く、どろり濃厚、というより特濃。ちょっと放置すれば固まってしまいそうだ。

 

 味はベイリーズに似ているが、僅かに植物っぽい苦みが混じっていてなかなか美味。アルコール度数や濃度もあまり変わらず、17%と書いてある。ただ面白いのは香りで、味はチョコ系でクリーミーな舌触りなのに、香りはパッションフルーツや柑橘系を連想させる爽やかさ。このギャップが独特で、堪能させていただきました。そのまま全部呑んでしまったが、トロピカルドリンク系のカクテルの材料としても優秀そうな感じ。

 

 まさかイタリアまで買いに行く機会は無いだろうし、日本国内に出回ることはあり得ないだろうけど、見つけたら即ゲットしよう。珍品リキュール系としては、アタリの部類だ。

 

*1:例:ベイリーズなら、ミントチョコレートは○、オリジナルは×、ウォッカでいえば、フィンランディアクランベリーは×、フィンランディアパインアップルは○、より珍品なら登録