Hatena::Groupliquor

北極の葡萄園(引っ越しました) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-10-03

【1257】Etienne Sauzet Puligny-Montrachet Champ Gain 2009

 

正規品2007年バックヴィンテージ入荷エチエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ...

 ※リンク先はヴィンテージがたぶん異なっています。

 

 まず見た目。これは意外なほど普通の白ワインしていて、ブルゴーニュの一級白としてはかなり薄い。まあ、熟成時間がとれていないせいもあるのかも。ただ、初手から香りは素晴らしくて、蜂蜜の香りからクッキーの成分と桃の缶詰みたいな成分が枝分かれしているような。爽やか系というよりコッテリ系。

 

 口に入れてみると、とにかく豊満で蜂蜜漬けみたいなアタック!すげぇリッチだ!ところが後味は酸味がキュー!っと効いて切れ味すら感じられる。ただ甘くて濃いだけの白ワインとはぜんぜん挙動が違う。みようによってはカレラのシャルドネにも似ているけれど、蜂蜜の濃度のピークと酸味の切れ味の点ではこっちがやはり上のような。それでもって、蜂蜜の甘さと堅さ(そう、蜂蜜がナヨっていなくて堅いのだ)&酸味の清々しさが初手からガチャガチャしていないのはご立派。高価なシャルドネはもうあまり買わないと思っていたけれども、これ飲んじゃうと考えてしまうなー。

 

 1時間も経つと、異様な精気が盛り上がってきて、困っちゃうぐらい元気の出るワインへ。鉱質が非常にしっかりしていて、やっぱり蜂蜜に「堅さ」が伴っているのがとにかく嬉しい。ここまで魅惑的なシャルドネはともかく、堅くて魅惑的なシャルドネはあまり無い。シャン・ガン、いい畑じゃないでしょうか。どうにも美味い、飽きない、ダレない。素晴らしいバランスファイター、若飲みだけど満足度は高かった。

 

 ※二日目。蜂蜜に「堅さ」が伴っているさまは微動だにしない。ちょっと酸味が強く感じられるようになったかも、でも殆ど変わらぬ美味さだった。

 

2015-09-26

【1254】Domaine Marquis d'Angerville Volnay Clos des Angles 2009

 

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ / ヴォルネイ・クロ・デ・ザングル [2009]

 

 今日もまた、ワイン貯蔵庫被災で放り出されてきた気の毒なワインシリーズ。モノはヴォルネの有名ドメーヌのひとつ、ダンジェルヴィーユ。畑名はそんなに凄くないけど、一応一級、しかも2009年。もう、このワインの2009を二度と手に入れることはできないのかと思うと慚愧の念にたえないわけだけど、それでもボトルを空けると心が弾んでしまう。どうしようもないですねー。

 

 まず見た目。期待通りの薄い色。ロゼというほどじゃないけど、淡い朱色に近いカラー。香りを確かめると……おお、少し鰹出汁めいた風味を伴った、トーンの高い香り。ただ、そんなにパワーで迫ってくる感じの第一印象ではない。

 

 で、口に入れてみると、まず甘酸っぱい!ちょっと木っぽいというか、タンニンがガサッとしている感じがする。ボディは超軽量級で、これより軽い赤ワインはかなり探さないと見つからないぐらいだと思う。後味はチェリーっていうより木イチゴぐらいの淡い甘さ。超絶軽量級なダンジェルヴィーユの性質を考えに入れても、初手はヴォルネ一級という感じではないかも。木っぽいのがマイナスに働いているような。いやいや、ダンジェルヴィーユの良年ヴィンテージを、たった6年であけてしまうことがそもそも問題なので、ワインが悪いという前に自分を責めたほうがいいのかも。

 

 ところが二杯目をグラスに注ぐと、華やかな果実味がパーッと炸裂。木っぽさと果実味と鰹出汁が溶け合うような感じになってきて良い雰囲気になってきた。以後もボディは相変わらず軽いけれども、森の下草みたいな風味を伴いつつ、易きに流れず持ちこたえている。さすが、こう来なくては。軽量級なりの美味さ、典雅さは一定ラインを超えていると感じた。つべこべ言っているうちにあまりにも気持ちが良くなってしまい、つい、飲んでしまった。

2015-09-04

【1243】Albert Morot Beaune 1er Cru Teurons 2009

 

アルベール・モロ ボーヌ プルミエ クリュ トゥーロン

 

 自宅のワイン貯蔵エリアで決壊事故が発生して約10日。この影響で、向こう一ヶ月ほどは高級ワイン出現頻度が高い状態が続きます。悲しむべき決壊事故なんだけど、どこかで喜んでいる自分がいてとても困る。

 

 まず見た目。申し分ない薄さ……というかいかにもブルゴーニュ赤ワインですと言わんばかりの、透明感のある、ちょっと暗い色合い。あまり青紫~黒紫っぽさの無い、比較的明るい印象。香りのほうは、まずひたすら甘酸っぱいトーンの高い香りが鼻腔に飛び込んできて、その後からチョコレート系のたれ込むような香りと、鰹出汁系の香りが漂ってくる。

 

 口に進めると、甘いお菓子でもかじったかのようなフワッとしたアタックに、なだらかな後味の酸味。ちょっとだけ苦い&木の枝っぽい?感じがあるけれどもそんなに悪く無い。甘酸っぱい果実味を軸にした美味しさと考えるなら、こんなものでしょうか。呑み進めると、ミルキーな味わいが目立つようになり、ちょっとだけ気になった水っぽさが消えてくれた。凄いワインではないけれども、呑むほどにおいしく人当たりの良いワインだった。

 

2015-08-12

【1230】Domaine Marquis d'Angerville Volnay 1er Cru Clos Des Angles 2011

 

ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィーユ ヴォルネ 1er Cru クロデザングル

 

 これまた若いヴォルネ一級だけど、いろいろあって抜栓することになってしまった。

 

 まず見た目。すごく薄いピノ・ノワール色をしている。若いヴィンテージだけど青さはみられず、ちょっと薄めの赤紫といったところ。香りのほうはあまり良くない第一印象――最初にぷん、と淡い系の果実臭がするし、相応にチョコの香りも伴っているんだけど、そこからうんともすんとも言わない。あまりにも早い時期に抜栓しすぎたから、ワインがお怒りなのかもしれない。

 

 口にしてみると、ピノ・ノワール数有れど、これほど軽々としたボディのピノはやっぱりあまり無いぐらいに軽い。それほど濃くはないし酸っぱさも強烈ではないけれども、フルーツ系の甘さと軽いチョコ、なにより口溶けのありさまが柔らかく、舌の上の挙動が「するする」している。けれども呑み進めるにつれて、果実味とチョコがぶわっとせり出してきて急速にパワーを宿すようになってきた。やっぱり休眠状態だったんだろうか?(ヴォルネにしては)ざらざらっとしたタンニンや長く残る酸味も感じられてきて、急速にしっかりとした呑み心地のワインに転じてきて、けれどもある種の心地よさ・軽さは喪わず。

 

 このダンジェルヴィーユのワイン、軽量級ピノ・ノワールとしてはやっぱりすこぶる良い。呑みやすいけれども面白い。良いひとときとなった。

 

2015-08-11

【1227】Philippe Chavy Puligny-Montrachet Les Corvees des Vignes 2011

 

ピュリニィ・モンラッシェ・コルヴェ・デ・ヴィーニュ [2013]

 

 今日は久しぶりの出稽古。で、今回登場したのは村名格のピュリニ・モンラシェ。最近、格上ブルゴーニュ白をぜんぜん飲んでいなかったので楽しみな一戦。

 

 まず色。うわっ黄色い!もうオレンジ色に届くかどうかという色合い。おっそろしく濃くて2011という若さを考えるとえらくごつい。香りは初手ではあまり感じられず。

 

 で、口に運んでみると植物エキスと、乳飲料的なニュニュっとした舌触りが特徴的。あまり蜂蜜は来ないけど凄く植物エキスっぽくて生々しい。マスター曰く「若いビオディナミ的なワイン」というけど、その言葉があまり違和感なく感じられる。ブルゴーニュの白に幾らか期待する蜂蜜は来ないし、ナッツ系も無い……若々しいシャルドネだ。でも最後の最後になって、蜂蜜とボリュームがワーッと湧き上がってきて、なんというか将来性を感じる。今日のこれは若飲みだったのかも。目が覚めるようなワインだった。