Hatena::Groupliquor

北極の葡萄園(引っ越しました) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-10-12

【1262】Dealv Mare Clos Buzao Pinot Noir Reserve 2012

 

クロ・ビュザオ・ピノ・ノワール・リザーヴ[2012]年

 

 久しぶりのルーマニアピノ・ノワール。今回はヴィンテージが変わって2012。まず、見た目。へたなメルローより黒いんじゃないかと思うほど黒っぽくて不透明、しかも僅かに青紫がかっている。なんだか若いカベルネフランみたいな色だ。そういや、前のこんな事を思ったような気がする。

 

 香りを確かめると、まず梅。梅ジャムだー!その後ろから、ガメイ系もかくやという、チープなお菓子のような甘い香り、それから苺ミルクに転じた。とにかく親しみやすい香りになってきたぞ。

 

 口をつけてみると、ミルキーな口当たりでニュニュっとしている。甘さはあるけれども乳飲料みたくコーティングされているような。で、タンニンは柔らかく、タンニンというよりワインそのものにざらつきがあるみたいな感じで、ある種のキアンティ・クラシコに似たザラザラ感を伴っている。ブルゴーニュ産の典型的な(安)ピノに比べると、「眉毛の濃いワイン」。果実味がしっかりしていて、ヨーグルトめいていて、重いワインではないけれども太めなワインだなと感じる。ピノ系より、出来の良いランブルスコから炭酸を抜いてスティルワイン然とさせたらこうなるんじゃないかというような雰囲気。でも、これが楽しみだったわけだから、もちろんok。飲み進めると、果実味の伸びやかさ、おおらかさに包まれて「しみったれた」ところがないのは本当にありがたい。やっぱりおいしいワインです。

 

 ※二日目。少し酸味が勝ったかな?とと思いきや、それもそれでやっぱり美味い。ちょっと土臭くすらなってくる。これはやっぱり優れてますよ。

2015-09-12

【1248】Limited Asconi Merlot 2009

 

(アスコーニ)(モルドバ)

 

 このワインは、モルドバ共和国産の安価な赤ワインモルドバ赤ワインは安ワインの大先達・安ワイン道場の師範さんがえらく高く評価していたので、目に留まったら買ってみようと思っていたけれども、今回、こいつが手に入ったのでやってみることにした。昨日の残りのアマローネ180mlほどを空けた後なので、まあ、ちょっと大変かもだけど頑張って!

 

 まず見た目。メルローとしてはそんなにおかしくない、適度に透明感を保ったワインレッドで、青紫っぽさは無い。2009年というご年齢のせい?ともあれ、アマローネを呑んだ後だから薄くみえてしまうのはしようがない。でも香りはそれなりの強さで、ピーマンと墨汁と杉の木、その奥からワインらしい果実味が伝わってくるような展開。ああ、こいつはメルローなんだなと改めて認識。

 

 で、口に入れるとフレッシュな果実味が炸裂!ボルドーメルロー中心系に比べると、えらく明るくお祭り騒ぎな雰囲気。初期状態の呑みやすさはアマローネよりもこちらが上で、人なつこい。やや一本調子で、だんだん暗い呑み心地になってきているかもだけど、クオリティとしては悪く無いんじゃないでしょうか。

 

 ※二日目。昨日よりも果実味がギュっと出てきたみたいな感じで、意外と変化したような。結構頑張っているのでは。納得できるものでした。

 

2015-08-09

【1226】Edition Chremisa Gruner Veltliner 2011

[2011] エディツィオーン・クレミザ グリューナー・フェルトリーナー

 

 このワインオーストリア産のグリューナー・フェルトリーナー種のワイン。この長ったらしい品種は「オーストリア土着品種」ってことしか知らず、とにかく前知識なしで賞味してみようと思ってのトライ。

 

 まず見た目。結構輝くような黄色をしていて、麦わら色にいくらか近い。ちょっと気泡が混じっている。香りは、ちょっと照り照りとしたオイリーな雰囲気を伴っていて、そこに花の香りと蜜の香りがちょっとずつ加わっているような。オイリー中心。

 

 口に含んでみると、とにかくたっぷり豊満、口のなかいっぱいに広がるオイリー感、それとオイリーと一体化した植物エキス感。ちょっと苦くて後味にハーブっぽいやつがやって来る。二口目に入る際には、寿司酢っぽい香りもよぎって不思議な感じがする。酸味もそれなりしっかりしているけれども、オイリー周辺の風味のほうが強いと感じる。魚の唐揚げともまずまず渡り合ってくれていて、食べ物によって若干苦みが強調されるけれども、もともと苦みがあるのであまり気にならず。とても楽しく呑めました。

2015-07-23

【1216】Neowines Vin Lavoux Rose (N.V.)

 

http://www.dailymotion.com/video/xk9r46_lavaux-rose-neowines-degustation-video_lifestyle

 

 これはおみやげもののスイスロゼワイン。なんと生意気にも「AOC」という文字がついている。で、グラスに注ぐとこれまた驚きの朱色のロゼ。イタリア産のチェラスオーロ並みに濃い色をしている。香りもなかなかで、サクランボ焼酎漬けみたいな香りの奥から、フレッシュサクランボを伴うような。

 

 口をつけてみると、ロゼにしてはお菓子っぽい甘さを伴いながら、基本は酸味のしっかりしたドライな味わい。ちょっとくどいサクランボという、ロゼらしさもある程度伴っている。お菓子っぽい甘さを気にしなければ悪くないものかと。

2014-11-05

【1082】Dealv Mare Clos Buzao Pinot Noir Reserve 2011

 

[2011] クロ・ビュザオ ピノ・ノワール(ルーマニア・デアルマーレ)

 

 これは、前回えらくおいしかったルーマニアワイン。違う入手ルートながら、もう一度出会う縁があったので改めて挑戦してみることにした。今回はうきうきワインの玉手箱経由の入手。

 

 まず、色は大層濃くて不透明感すら伴った赤ワイン色。これだけでピノ・ノワールと当てるのは無理だと思う。でもって香りのほうは、うっすらと草餅みたいなやつが来て、なんだか奥ゆかしい。やっぱりこれだけだとカベルネフランを連想したくなる。

 

 でもって、口に入れてみると、しっかりとした酸味がある!前回に比べると酸味が前に出た格好で、そこにヨーグルトっぽい爽やかさがくっついている。コーヒーというよりコーヒー牛乳のような円やかなコーヒーっぽさを伴っていて、相変わらず甘みは少なめ。やっぱり典型的なピノ・ノワールからは遠いけれども一種独特のおいしさをゆく感じ。凄く良いというわけでないけど、決して悪くは無いと思った。

 

 ※翌日。前回の一日目のような、ヨーグルト系の風味満点のフレーバーに。今回は翌日のほうがおいしい。やっぱり捨てがたいかな。