Hatena::Groupliquor

空想飲料館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-05-30日本酒ブームは出版界にも? 呑む前に読む? 呑みながら読む? 日本酒

日本酒ブームは出版界にも? 呑む前に読む? 呑みながら読む? 日本酒本セレクト

| 17:33 | 日本酒ブームは出版界にも? 呑む前に読む? 呑みながら読む? 日本酒本セレクト - 空想飲料館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本酒ブームは出版界にも? 呑む前に読む? 呑みながら読む? 日本酒本セレクト - 空想飲料館 日本酒ブームは出版界にも? 呑む前に読む? 呑みながら読む? 日本酒本セレクト - 空想飲料館 のブックマークコメント

相変わらず自分にはブームが来てはいませんがw

 日本酒ブームが訪れている。かつては「湿っぽい」とか「昭和」とか「おじさんっぽい」とか言われ続けてきた日本酒だけど、そんなイメージはもう払拭してほしい。現代の日本酒は、イタリアンに合わせるスパークリングからスウィーツと一緒に楽しむ低アルコールのロゼまで多種多様で、“飲む人を選ばない”お酒へと生まれ変わっているのだ。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】めざせ!日本酒の達人 [ 山同敦子 ]

 この日本酒ブームの本流を作っているのは、全国に散らばる酒蔵の造り手たちだと言える。「現代の日本酒は、造り手で選ぶのが断然おもしろい」と話すのは、20年に渡って日本酒を飲み続け、利き酒の資格も持つ“日本酒”ジャーナリストの山同敦子さん。著書『めざせ! 日本酒の達人――新時代の味と出会う』(筑摩書房)の中で、新しい造り手たちが思い思いにクリエイトしたお酒は、まさに造り手のキャラクターそのものだと指摘している。

●パリコレ経験者の蔵元が造るナチュラルな日本酒

 少し前までは後継者不足に悩まされていた酒蔵。ところが現在は、30代~40代前半という若手の造り手が増えている。日本酒造りに新たな可能性を見いだして心血を注いでいるという。

 以前は、地元の米を使い、気候風土を生かして地域の味わいを出していたが、今は酒蔵の空調設備が整い、どこでも名産地の米が手に入る。そのため、手法を凝らした自由な酒が造れるようになった。その酒を飲むのは、日本酒ファンにとどまらず、初めて日本酒を飲む人や、海外の人たちだ。

 本書では、55人の造り手のキャラクターを紹介している。たとえば、萬乗醸造15代目蔵元の久野九平治さんは、パリコレの舞台にモデルとして立った経験をもつ異色蔵元。著者の山同さんから「186cmの長身、大きな身振り手振りでスケールのデカい男」とキャラづけされた久野さんは、「日本酒の日」に銀座でイベントをしかけたり、パリに出かけてシェフに酒を味見させたりと、グローバルな酒の普及に積極的。久野さんが造った「醸し人九平次」はナチュラルなタッチで、今や国内外の人気銘柄だ。

 その他にも、日本酒の歴史や楽しみ方を“会話形式”で分かりやすく紹介している。中には「“とりあえず辛口で!”という人ほど甘口好き」という気になる項目も。「達人ばりのウンチク」は、今すぐにでも酒場で活用できそうだ。

●書店員オススメの本を読んで、日本酒ブームに乗る

 こうした日本酒ブームに乗って、日本酒を扱う本も増えている。東京・渋谷の書店を回ったところ、ワインやウイスキーに負けず、日本酒コーナーが充実。書店員に聞くと、「去年(2014年)の春頃から増えています。2013年末の『和食』ユネスコ無形文化遺産登録が影響しているかもしれません」とのこと。中でも売れているのは、『日本酒。』(プレジデント社)という本だと教えてくれた。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【女性向け実用書ポイント5倍】日本酒。

 雑誌『dancyu』に掲載された日本酒関連の記事をまとめた本とあって、造り手の“思想”に迫ったり、食のシーンごとに飲み方を提案したりと、さまざまな観点から日本酒をクローズアップしている。きれいな日本酒のラベルや料理の写真も多く、読みやすい。

 酒を「ふっくら、癒しの菩薩系」「ガツン系~いぶし銀男子」など、人になぞらえたイメージで紹介しているのがおもしろい。また、「ホロ酔いでも簡単にできるおつまみ」や「日本酒ファン垂涎の居酒屋の看板料理」のレシピも載っているから、気の合う仲間が揃う「家飲み会」の前に参考にしてもよさそうだ。

日本酒本にも変わりダネを発見

 日本酒本のなかには、独特の趣向を凝らした個性派もあった。渋谷のド真ん中にある書店の女性店員が教えてくれたのは、最近は女性客が買っていくことも多いという『白熱日本酒教室』(杉村啓:著、アザミユウコ:イラスト/星海社新書)。日本酒学で教鞭を執ったこともある著者が、授業形式で日本酒の魅力を紹介。マンガと文章を組み合わせ、楽しく日本酒のイロハを教えてくれる。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】白熱日本酒教室 [ 杉村啓 ]

 ちなみに、本書でイラストを担当しているアザミユウコさんは、日本酒をテーマにした同人誌を制作する「酩酊女子制作委員会」というサークルに所属しているとか。彼女を含む複数のイラストレーターと作家が参加した『酩酊女子~日本酒酩酊ガールズ~』(酩酊女子制作委員会/ワニブックス)は、“ほろ酔い女子”のイラストと物語を組み合わせた19のストーリーを掲載。ひとり酒のお供にもなってくれそうな“ライトノベル的”日本酒本、あわせてチェックしたい。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】酩酊女子 [ 酩酊女子制作委員会 ]

 最近は、日本酒にこだわる店はもちろん、日本酒関連のイベントも増えているらしい。やっぱり飲んでみないとわからない! ということで、まずは飲み比べに出かけてみるのも一興。そんな時は、“和らぎ水(チェイサー)”の用意をお忘れなく。他のお酒に比べてアルコール度数の高い日本酒を飲むときのキホンです!

文=麻布たぬ

ダ・ヴィンチニュース 5月30日(土)11時30分配信

空想飲料館

2015-04-12奇跡の酒「獺祭」蔵元 10年で13倍の年商49億円に成長の理由

奇跡の酒「獺祭」蔵元 10年で13倍の年商49億円に成長の理由

| 19:20 | 奇跡の酒「獺祭」蔵元 10年で13倍の年商49億円に成長の理由 - 空想飲料館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 奇跡の酒「獺祭」蔵元 10年で13倍の年商49億円に成長の理由 - 空想飲料館 奇跡の酒「獺祭」蔵元 10年で13倍の年商49億円に成長の理由 - 空想飲料館 のブックマークコメント

飲んでみたい♪

「クールジャパン」の象徴と持て囃される日本酒。なかでも国内外で注目を集める「獺祭」(だっさい)の蔵元である旭酒造の桜井博志社長(64)は、いかにしてブームの牽引役となり得たのか。ノンフィクションライター・高川武将氏が迫る。

 * * *

 口に含むと、さらりとした口当たりで華麗な甘みが広がる。ごくりと呑み干すと、雪が溶けるように消えてなくなった。鼻腔に芳醇でフルーティな香りだけを残して。

 純米大吟醸酒『獺祭 磨き二割三分』。不思議なほどの後味の良さに、旭酒造の敷地内にある直売店で、一杯100円の試飲を何度も試した。注文に生産が追いつかず、入荷は2か月待ちで、この日も直売店でさえ売り切れていた。

 山口県岩国市周東町獺越は、山と川とまばらな民家のほかには何もない、本当に獺が出てきそうな過疎地だ。直売店の目の前には、工事中の12階建てのビルが聳え立ち異彩を放つ。

 この本蔵が完成すれば、生産能力は現在の1万5千石(*1石=10斗=1800リットル)から一気に5万石に増える。設備投資にはこの5年で約50億円をかけている。

「品不足を解消したいんです。お客様に美味しいと言って貰いたいのに、中々買えないのは申し訳ないですから」

 社長の桜井博志はにこやかにそう言った。紺のジャケットに白いジーンズ、足元には赤い靴下。今年65歳になるとは思えないほど若々しい。

 奇跡の酒と言われる。獺祭はこの5年間毎年30%近く売り上げを伸ばし、年商はこの10年で約13倍の49億円(2014年)。全国の日本酒消費量がピーク時の3分の1に激減している中で、純米大吟醸の分野で一人勝ちの感さえある。だが、かつて旭酒造は倒産寸前の危機的状態に喘いでいた。

 なぜ、桜井は奇跡を起こせたのか。そこには革命的な酒造りの手法がある。日本酒は室町時代から杜氏たちによって造られてきた。蔵元は酒造りに口を出さず売ることに徹するのが、業界の常識である。だが桜井は経験や勘に任せきりだった製造工程を次々と刷新した。それは一見、伝統を捨てたようにも見えるが、桜井は一笑に付す。

「よく捨てる経営なんて言われますけど、そんな格好いいものじゃない。目の前の危機をいかに乗り切るか。しつこく、女々しく(笑)、諦めずに、しがみついてやってきた結果なんです」

 日本酒造りの革命は逆境の連続から生まれた。

※SAPIO2015年5月号

NEWS ポストセブン 4月12日(日)7時6分配信

空想飲料館

2013-11-12<不適切表示>富久娘酒造の純米酒など38銘柄 自主回収へ

<不適切表示>富久娘酒造の純米酒など38銘柄 自主回収へ

| 06:45 | <不適切表示>富久娘酒造の純米酒など38銘柄 自主回収へ - 空想飲料館 を含むブックマーク はてなブックマーク - <不適切表示>富久娘酒造の純米酒など38銘柄 自主回収へ - 空想飲料館 <不適切表示>富久娘酒造の純米酒など38銘柄 自主回収へ - 空想飲料館 のブックマークコメント

今話題の食品「偽装」事件ですね☆

 神戸市灘区の酒造会社「富久娘酒造」は11日、純米酒などの「特定名称酒」に醸造アルコールを使用するなどの不適切表示があったことを明らかにした。規格外の米を使用した本醸造酒や吟醸酒もあったといい、対象は38銘柄で、期間や出荷数は調査中。同社は今年10月以前の製造分を自主回収する。

 同社によると、醸造アルコールは現場の担当者が品質を一定にするため、純米酒に混ぜることがあった。本醸造酒などには酒米の一部に農林水産省の規格外の加工用米を使用。こうじを作る際、誤って混ぜていたという。

 同社は今年1~10月、特定名称酒を一升瓶換算で約25万本製造している。小島久佳社長は「偽装するつもりはなかった。会社として管理不足だった。お客さまの信頼を裏切り、大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ。二度と起きないようにしたい」としている。

 問い合わせは同社(0120・621・560、平日午前9時~午後5時)。【石川貴教】

毎日新聞 11月11日(月)21時54分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131111-00000102-mai-soci

大手にやられてしまうと、ブランド自体を信用できなくなりますね☆

かわいい文鳥の動画

空想飲料館

2013-09-29清酒発祥は伊丹?奈良?…「乾杯条例」でバトル

清酒発祥は伊丹?奈良?…「乾杯条例」でバトル

| 15:57 | 清酒発祥は伊丹?奈良?…「乾杯条例」でバトル - 空想飲料館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 清酒発祥は伊丹?奈良?…「乾杯条例」でバトル - 空想飲料館 清酒発祥は伊丹?奈良?…「乾杯条例」でバトル - 空想飲料館 のブックマークコメント

コンシューマにとっては、単に安くてうまければ何でもいいだけですがw

 「清酒発祥の地」を称する兵庫県伊丹市と奈良市が、それぞれ日本酒での乾杯を奨励する条例の制定を目指している。

 伊丹市は1600年頃、地元の商家が最初に清酒を生み出したとして26日に条例を可決。この1世紀以上前に造ったとする奈良市は25日、市議会に乾杯奨励の条例案が提案され、11月に審議入り。条例案はいずれも発祥地とうたっており、論争が過熱しそうだ。

 伊丹市によると、豪商・鴻池家の始祖にあたる山中幸元が、誤って濁り酒のたるに灰の入ったざるを落とすと酒が澄んだという。これが清酒の誕生といい、江戸で評判を集め、鴻池家繁栄の基礎になったという。

 同市鴻池の公園には、由来を刻んだ1784年建立の石碑が残り、この15年後に発行された「日本山海名産図会」で「伊丹は日本上酒の始(はじめ)とも言うべし」と紹介。市は2000年、同所に「清酒発祥の地」の石碑を建てた。

 一方、奈良県酒造組合によると、15世紀半ばには、正暦(しょうりゃく)寺(奈良市)で、こうじと蒸し米の両方に精白米を使い、透明度の高い酒が完成。県内の蔵元なども2000年、同寺に「日本清酒発祥之地」の石碑を建立した。

 山本長兵衛・同組合副会長は「奈良が発祥の地というのが定説。伊丹はうちの技術を使い、清酒の生産を始めた」と譲らない。

 日本酒での乾杯条例は、日本酒で乾杯する習慣を定着させ、低迷する消費の拡大を目指す。日本酒造組合中央会によると、25日現在、佐賀県や京都市、兵庫県西宮市、福島県南会津町など計12自治体が可決している。

 全国の酒場を訪ね歩くBS番組で人気の吉田類さんの話「人々は工夫を重ね、おいしい日本酒づくりを追求してきた。発祥の地はどちらでもかまわないが、起源に注目した盛り上がり方があってもいい」

読売新聞 9月29日(日)11時6分配信

http://liquor.g.hatena.ne.jp/kawanoasobi/edit?date=20130914

「濁り酒」は、もっと古くからあったということなんですね☆

かわいい文鳥の動画

空想飲料館

2013-06-29泉勇之介商店<灘>最後の木造酒蔵がピンチ 競売で不動産会社が落札

泉勇之介商店<灘>最後の木造酒蔵がピンチ 競売で不動産会社が落札

| 22:06 | 泉勇之介商店<灘>最後の木造酒蔵がピンチ 競売で不動産会社が落札 - 空想飲料館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 泉勇之介商店<灘>最後の木造酒蔵がピンチ 競売で不動産会社が落札 - 空想飲料館 泉勇之介商店<灘>最後の木造酒蔵がピンチ 競売で不動産会社が落札 - 空想飲料館 のブックマークコメント

残念なニュースですね☆

 日本酒最大の生産地、灘五郷(兵庫県西宮市~神戸市灘区)唯一の木造酒蔵が消滅の危機に陥っている。神戸市東灘区の泉勇之介商店の酒蔵で、国の登録有形文化財。借入金がかさんで競売にかけられ、不動産会社が落札した。住宅開発の可能性があり、近隣の自治会などが7月1日から、神戸市に購入を求める署名活動を行う。

【神戸の地酒】【取り寄せ品】 灘泉 大吟醸 1.8L (化粧箱入り)

 ◇阪神大震災唯一の生き残り

 同商店は江戸時代末期に建てられた酒蔵を購入して、1882(明治15)年に創業。3代目の泉勇之介社長が杜氏(とうじ)を兼ねる。民間信用調査機関、帝国データバンク大阪支社によると、純米大吟醸酒などで左党の人気を集めたものの、近年は生産量が落ち、酒蔵兼本社約1600平方メートルが競売にかけられた。

【神戸の地酒】灘五郷の五つの郷のお酒を詰め合わせ。ギフトボックス入りで神戸のお土産にも最...

 1995年の阪神大震災で灘五郷の木造酒蔵の多くが全壊し、唯一残った。六甲山から吹き下ろす「六甲おろし」を室内に入れ、室温を一定に保つ窓があったり、大きな柱や梁(はり)が残り、かつての酒蔵の趣を伝えている。

 落札した業者は「どう活用するかは未定」としているが、阪神電鉄石屋川駅から徒歩10分で、住宅が建設される可能性が大きいとみられている。泉社長は「酒蔵は貴重な文化財。市に保存してほしい」と話す。

 灘五郷酒造組合によると、資料が残る93年ごろには50社が加盟していたが、阪神大震災後は廃業が相次ぎ、現在は同商店を含め29社。同商店は生産を他社に委託し、近くの倉庫で営業を続ける予定だ。【田畑知之】

そんなの「個人の自由」ではないんですねw

SIMフリー導入ガイド

空想飲料館