ある麦酒飲みの記録

2007-07-07

ウェブサイトでの批評について

| 19:19 |  ウェブサイトでの批評について - ある麦酒飲みの記録 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ウェブサイトでの批評について - ある麦酒飲みの記録  ウェブサイトでの批評について - ある麦酒飲みの記録 のブックマークコメント

藤原ヒロユキ日記: 無責任なビール批評のコメント欄より引用。削除前のものは見てませんが、何処かのビールの批評をやっているウェブサイトでの批評が的外れだということに突っ込んだらしい。明らかにオフフレーバーなのにオフフレーバーな味がそのビールの味だとして書いていたりしていたみたい。

自分が気に入らなくてもその商品を買ったりその店に行ったりする人がいるならば、その商品や店は「悪いもの」ではなく「自分に合わないもの」でしかないのではないでしょうか?それは個人の嗜好の問題です。本当にダメな商品や店ならそのうち無くなるでしょう。文句を言ってる人は単に「合わない」だけです。

だから、「イイと思うもの」を書けばいいのではないかと思います。

恨ミシュランやナンシー関の軽妙な指摘以降、個人が主催する「一言物申す」的なサイトも増えました。

しかし、ナンシーも恨ミシュランは作者自身がどこの誰かをさらけ出してこそ、フェアーな戦いだったと思います。

個人が匿名で、自分の趣味や嗜好や思いこみによって、公の場を使い、なにかを批判したり攻撃する必要があるのでしょうか?また、そんな権利があるのでしょうか?彼らは、それによって生産者や店が不利益をこうむったり、場合によっては倒産したりする可能性に対して責任は持てるのでしょうか?人の命に関わりかねない問題だと思います。

藤原ヒロユキ日記: 無責任なビール批評のコメント欄

難しい問題です。

匿名云々は突き詰めればあまり関係ないのですよね。尤も何を『匿名』と定義するのかに因りますが。例えば私が実名でビール批評ウェブサイトをやったとしても、『匿名』とそんなに変わらないだろう。その内容が荒唐無稽であるという評判があったとしても、私の人生にはそれほど影響がない気がする。

でも、批判の是非は難しい。ウェブサイトでの批判は一切無しというのも嬉しくないだろうし。批判するか否かは相手を選んで……ということになるだろうけど、とりあえずは正しい知識は必要なんだろうねぇ。レモンに対して『酸っぱくて食べれない』と述べても仕方ない気がする。もちろんレモンだと一般的な人はどういうものか知っているのでそう述べた人に対して『なんだこいつ』と思うだろう。でも、一般的ではない物の場合は……信じてしまう可能性高いだろうし。

と思いつつ、美味かったぐらいしか書かないのです(謎)。

iwaimiwaim2007/07/12 06:31はてなスター、自分で押してしまった。http://i.hatena.ne.jp/idea/15921 出した。